RIKO NONOBE OFFICIAL SITE

真言宗僧侶

story/物語
 

i に秘められた物語

「i」=わたし、愛、今、
生きる、
慈しむ、居場所、
嬉しい、楽しい、
「い」のつく言葉。

そしてしっかりと命点を打ち、
ローソクの光明、
希望の灯りにも見えます。

「存在理由を象徴的に現す」
「梵字という神秘的な文字が
 モチーフ」
「わたしを取り戻して存在の命点を
しっかりと打つ込む」

という、

このロゴ文字に惹かれてしまった
一人の僧侶・利弘。

 弘法大師の研究では第一人者であり、
真言宗豊山派の猊下になられた師僧は、
たくさんの弘法大師の教えの中で、
とてもシンプルな言葉として、
私に伝えてくれた言葉の灯台.



「還源思」


「源に還って思う」この何かが変わりゆく今の時代にあって

1200年前の弘法大師の言葉が響きます。


When I have a big problem,
I try to go back to the starting point

「starting point」「わたしの原点に立ち帰る」

「還源思」「ゼロポイント」


そのポイントのエネルギーは、
絶対になくならないという量子力学の世界。


そこに「わたし」を置いてみること

そこで観察や自覚をしてみるということ

「わたし」の本来の居場所をみつけること

MESSAGE/メッセージ
 

花咲き和尚の「これからのこと」

MISSION/使命
  

授かった
自分本来のデザイン
で生きる

「わたし」は何者・・・?

人は誰しも、生まれた瞬間に「わたし」というデザインをされて生まれてきています。

ブッタも生まれた瞬間に天地を指さして「天上天下唯我独尊」
とおっしゃったという
逸話が残っています。

「天上天下唯我独尊」
上下左右十方、地球、
宇宙どこをみても、
「わたし」という存在は、
たった独りで
一つしかないという、
このメッセージは、
まさに「わたし」というデザインを
されて生まれてきた
ということです。

弘法大師も「如実知自心」
(実のごとく自心を知る))
をもって悟りと言い切ります。

仏教では、
それを「本性を知る」
と言います。

KEY MESSAGE
 

「こころの使命」
の通りに進む」

CONCEPT
 

「わたし」たちの「i」場所をつくる。


今の世の中は、
「悩みや問題」や「幸せになるため」
の解決方法がたくさんあります。

でもいずれも「目標達成型」の積み上げ加点式で
「やりたいこと」ではなく
「やるべきこと」に埋め尽くされています。

そんな日々の中で成長しいくと、
いろいろなことがあり、
時間に追われ、常に頭は、忙しく考え続け、
常識やしつけ、教育、マニュアルなどで、
本来の「自分らしさ、
わたしのデザイン」を忘れ気づかずに、
心と体は疲れ果て、
その自分の使命をも忘れ
「感じること」
さえもしなくなります。

あなたが本当に手に入れたいものは、なんですか?

愛、勇気、優しさ、思いやり、
安寧と多くの方は答えます。

でも実際に求めて来たことは、
権利や自我の主張、
「成功」であり「お金」であり
「地位」や「名誉」だったりしませんか?

「いま、わたしがしていること」は、
本当のことではないかもしれない。

本来の「わたし」と「いまのわたし」は、
違うのかもしれない。
やればやるほど、苦しくなり、楽しくない。
人は、そのギャップに悩み苦しみ始めます。

をとり戻す
 



私たちは、
過去や未来に意識が囚われているとき、

「今」という目の前で起こっている体験を
見逃します。
スマホみながら食事をしていれば、ただ機械的に流し込んでいるだけで、
どんな味だったのか、
何が入っていたのか、
この食に美意識をもって
向き合うこともしません。

これは、食事だけに限らず、
常に「何か」に、
気をとられながら毎日を過ごしていませんか?
そこには本当の「わたし」は、
存在していません


毎日ヘトヘトになるまで頑張ったり
悩んだりしているならば、
それは「わたし」本来のデザインに気づき、
五感を磨きリセットしていかなければ
答えは見つかりません。

減点主義、
あきらめた時に大きなことも見えてきます。
非常識のすすめ、
頑張らなくても良いのです。

あなたを
「ゼロポイント」にすると
何が見えますか?

 あなたの「starting point」は、
なんでしたか?

あなたの「還り戻るところ」は、どこにありますか? 
「わたし」の居場所を、一緒に見つけていきませんか?

VISION/世界観

Vidual Identity
空と海の間に流れる、
虹色の雲の世界。

中央に現れる雲は、
弘法大師が大切にしていた、
音波の波形を、
やはり大切にしていた書道で表現することを
イメージしてつくりました。

D &Iの時代に、
七色の多様性と、
雲のような囚われない生き方照らす太陽。

そして、
中心には
「わたし」「居場所」
の象徴である、
iの文字が埋まっています。

CORE VALUE/価値定義
     

自由自在の時代から
変幻自在の時代へ。

多様性と調和の時代。
「わたし」を見失わないようにしつつ、
「居場所」のなかで、
孤立しないような生き方を。
1.祈り(意に宣ること「自分の意識に宣言する」)

2学び(進化するということ)

3.楽しみ(美意識の感性)

4.癒やし(心と体の統合)

5.共感(多様性を理解し共感しあえる
プラットホーム)

6.共鳴(相互扶助の精神が産み出すもの)

7.共働(協働によりワークプレイスは進化)

8.共有(情報、資源の共有が
新たな価値を創造する)



すべてのことには意味があります。
単なる偶然を超えた不思議な出来事を
「共時性」と言います

多様性の時代と言われ一人一人が、
不思議な繋がり支え合いの中で

自らの美意識と感受性を高め、
祈り」と共に
「共時性」体感をしていきます。

PROFILE

RIKO NONOBE

真言宗豊山派:金剛院第33世阿闍梨

500年の歴史を誇る、弘法大師・空海を宗祖とする、真言宗豊山派 金剛院を次世代に継承。
その傍ら、新しい価値を生み出す「見立て」をコンセプトに、
「祈り、学び、楽しみ、癒やし」の活動を展開。
また、対話者として人生の悩みを聴き、高齢化社会を見つめたシニアの傾聴や看とり士として死の臨床に立ち会う。

6才のころ、得度して僧侶となる。1976年カンボジアなどの難民救済に参加。そのほか、ラオスにて学校を設立したほか、国立劇場やニューヨーク・カーネギーホールなどで聲明公演を行い、広く仏教のすばらしさを世界に伝えてきた。

多数の傾聴をしてきた経験から、自分らしさを知るための方法論として、ヒューマンデザインと呼ばれる仕組みや、音声心理士として音から人を理解するなど、新しい取り組みにも奮闘する。

他人の人生をアートに昇華する、ライフデザイン・アーティストとしても活動。自身が継承してきたさまざまな価値観を、次世代の経営者にクリエイティブ顧問として手渡し、和の世界観、空海のおしえを元にした、道標の示唆を行なっている。

趣味はダイビング。

Produce

REIKO SUZUKI

元看護師/コーディネーター。
合同会社en代表社員。

1979年、長野県生まれ。国立成育医療研究センター小児科看護師を経て保育園看護師を11年間勤務。

全米LPプラクティショナー、LABプロファイルプラクティショナーほか、
各種のヘルス/メンタルケアスキルを取得。
現在は、「えん」という独自のコンセプトを打ち立てて、日本から失われたつながり、関係性を社会に取り戻すために、ソーシャルコーディネーターとして活動中。

YUSUKE WATANABE

コピーライター/ ブランドマネージャー1986年生まれ。
合同会社アルケミスト代表。

プロダクトマネージャー、マーケティング担当として、企業のプロダクトや、タレント活動、およびイベントにおける新規のブランド開発から展開までの全工程を俯瞰して管理する業務に従事。
CMOとして実務と管理の両側面から事業をサポートする。
2018年に設立した合同会社において、新規事業のブランド開発と展開に特化した事業を立ち上げる。

YUSUKE WATANABE

コピーライター/ ブランドマネージャー1986年生まれ。
合同会社アルケミスト代表。

プロダクトマネージャー、マーケティング担当として、企業のプロダクトや、タレント活動、およびイベントにおける新規のブランド開発から展開までの全工程を俯瞰して管理する業務に従事。
CMOとして実務と管理の両側面から事業をサポートする。
2018年に設立した合同会社において、新規事業のブランド開発と展開に特化した事業を立ち上げる。

SERVICE

「わたし」を見つけるためのサービス

01.祈り

健康、成功、安全、供養など、
人は誰でも祈ります。
祈りとは、「意に宣る」ということ。お話を聞きながら「祈り」、「予祝」をしましょう。

03.ヒューマンデザイン
あなたの使命について、お伝えします。
02.看とり士
大切な人の魂を受け継いで看とる仕事。手で触れ、目で見つめることが「看」という大切な時間。
04.音声心理士
あなたの声から幸せの処方箋をお渡しします。
05.マンダラエンディングノート
     ファシリテーター

必ずかけるエンディングノートを提供します。

CONTACT

お問い合わせ

お問合せ、ご質問・ご感想などお気軽にお送りください。
*ご回答には、時間がかかることがあります。この回答は、個人様宛てにお送りするもので、許可なくこのメールの一部または全体を転用、2次利用することはお断りいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

個人情報のお取り扱いについて(プライバシー・ポリシー)

フォームからお送りいただいた個人情報は、お問い合わせに必要な範囲内で利用させていただき、他の目的には使用いたしません。
皆さまが安心して本サイトをご利用いただけますよう、個人情報保護方針に基づき、個人情報のお取扱いに細心の注意を払っております。